ひきこもり支援で大切なことは、安心と信頼の関係を築くこと。ステップバイステップの前進に時間をかけること。求められる支援をいち早く提供すること。時代の変化に応じた対応を心がけること。ひきこもり状態の人々が自立するための丁寧な支援が実績を支えています。

個別相談【発見】

YSC_discovery_001

社会的な自立が困難な子どもを持つご家族のための個別相談を行っています。
ひきこもり等の社会的自立に困難を抱える若者には、様々な状態があり、それを客観的に見て適切な
支援に誘導することが支援の第一歩です。
医療的なケアが必要な方もいらっしゃればフリースペースから就労支援などに段階的に参加して自立を
果たしていける若者も多くいます。
YSC_discovery_002
まずはどのような支援が必要なのか見立てる必要があります。
家族という関係の近い枠組みでは依存関係も強化され、家族も本人も具体的な行動に移すことが難しい
ことが多いのが現状です。
ひきこもり支援は、個別に違い、その状況に応じた適切な支援が必要です。
先ず必要なのは、自分のお子さんがどのような状況にあって、どのような支援が必要なのかを見立てる
こと。
保護者個別相談では、ひきこもり問題に精通した専門の相談員がご家族に寄り添って、お子さんの状況を
整理していき次に必要な最適な行動を一緒に考えて行きます。
必要に応じて相談員が訪問支援を実施していきます。

discovery_003


訪問支援【誘導】へ

PAGETOP
Copyright © NPO法人 青少年自立援助センター All Rights Reserved.