【新しい年・心機一転!募集開始】若年無業者等集中訓練プログラム(宿泊型)35期生

 

 2021年度の対象者は中学卒業から49歳まで拡大されました。

 

 厚生労働省・東京労働局委託事業である「多摩若者サポートステーション」では、就労を目指す若者のトレーニングの一環として、6ヶ月間の合宿プログラムを提供しています。

 

 コロナ禍の中、感染予防の徹底されていない集団での活動に不安を感じる方もおられると思いますが、子供から大人までワクチン接種が80%弱の社会は、弛緩した行動さえしなければ、平常の生活が営めるようにまでなりました。

 

 むしろ、私たちが危惧しなければならないのは、緊急事態宣言などの自粛による「孤独・孤立化」です。コロナ禍以前より、ニート・ひきこもりの若者にとって、社会参加のハードルは高く、気軽に就労相談ができる環境が提供できていたわけではありません。その環境に「孤独・孤立化」がさらに高い壁となっています。皆にとって必要なのは、「支え合える集団」ではないでしょうか。

 

 

 今期の募集は、「新しい年」の一歩になる一年に一度のチャンスでもあります。

 是非、身近な若者の背中を押してあげてください。その優しさを待っている若者がいるはずです。

 特に生活保護受給の方には、自立を果たす近道となっておりますので、ご利用をお勧めします。

 

見学、申込みは随時受付けております。

 

 

【募集概要】
●第35期募集期間 12月1日から12月28日まで

●プログラム実施期間 2022年1月4日から2022年6月24日(6ヶ月間)

            詳細は事務局までお問い合わせください。

●お問い合わせ 042-553-2575

 

 

【参考】集中訓練プログラム第35期募集案内書

申込書

よくある質問